初めての海外旅行も安心!ホテル選びのコツ

安心して寝られる地域を

安心して帰れる場所を

買い物、観光で疲れるから、早く帰れる場所にホテルをとっておこう。
もちろんその考えはとても正しいです、誰しも疲れると注意力散漫になりがちですから、安全性を考えても合理的であると言えるでしょう。
しかし、海外で危険な目にあったという人のほとんどは、危険だ、治安が悪いとされる地域を歩いていたからです。
ここで自分の宿泊場所の治安を調べるのに必ずチェックしていただきたいのが、外務省の海外安全ホームページです。
「海外 治安」で検索すれば1番上に出てきます。
危険レベルが4段階に分けられて色付けしてあり、とてもわかりやすいです。
このホームページで色がついている地域は避けましょう。
レベル4とされる退避勧告はもちろんですが、レベル1の地域でもホテルを取るのは避けておいた方が無難です。

駅の近くも要注意

大きな駅があるところならとりあえず安全そう、交通の便もいいし、駅の近くで探そう。
国内旅行なら確かにそれは正解です、しかし国によっては少し事情が違います。
例えばヨーロッパでは、日本と違って大型駅の周辺が貧困地域になっていることが多いです。
普通の街中よりも治安が悪い場合すらあるくらいです。
駅から近ければ治安がいいだろう、という日本での常識は1度捨てましょう。
その他にも避けた方が良いのは観光地の周辺です。
日本人観光客を狙ったスリ、ひったくり犯などの犯罪者が集まっていることが多いです。
逆に治安が良いことが多いのは中心街です。
中心街、栄えている街は他のエリアに比べて警察の警備が強化されていることが多いです。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
TOPへ戻る