デンタルフロスの使用方法解説サイト

>

口内の健康に良い食べ物

オーラルケアに有効な食べ物

「歯に良い食べ物」といえば、皆さんがよく目にするものとしては「キシリトールガム」ではないでしょうか。
確かにキシリトールは歯の健康にとても良いのですが、だからといって、キシリトールガムを食べて、オーラルケアはしないというのでは効果は半減します。
そこで先に挙げたオーラルケアをしていくと共に、食べ物にも少し目を向けると、オーラルケア、お口の健康に効果的な食べ物があるのです。
そのひとつに「根しょうが」が挙げられます。
根しょうがは、昔から薬味として重宝されてきました。
治癒効果があり、抗炎症の効果があるので、口内においては歯茎の腫れを防いだり、口内の雑菌を取り除いて、口の中が健康に発達してくれるのを助けてくれる効果があります。
料理にはしょうがを加えると、効果的です。

オーラルケアにリンゴ、野菜、牛乳

リンゴというと甘い食べ物なので、「オーラルケア」に果たしてどれほどの効果があるのだろうか、と、不思議に思った方もいらっしゃるかもしれません。
しかし「オーラルケア」の代表である「ブラッシング」にしても、先にあげたように「押さえつけるような、力任せのブラッシング」では、逆効果となるばかりか、歯茎を傷める原因になりかねないように、どのような意識で向き合うかというところに尽きます。
リンゴは固いので噛む回数が多くなり、それが口内の歯垢を除去するのを手助けします。
野菜は繊維が多く、噛む回数も増えるので、言わば自然のフロスです。
そして牛乳はカルシウムはもちろん、口内の環境を酸性から中性に近づけてくれる栄養が含まれています。
このように、歯に良い食事はたくさんありますが、食べた後は必ず、オーラルケア三本柱をしましょう。


この記事をシェアする