デンタルフロスの使用方法解説サイト

>

デンタルフロスで口内をキレイにしよう

デンタルフロスとは何か

例えば、溝のあるタイルやフローリングを掃除したとしますね。
すると、溝の中にどんどんホコリやゴミがたまっていきます。
ゴミは奥の方へどんどんたまっていくものですが、口内でも同じことが起きていて、歯ブラシでブラッシングしただけだと、歯と歯の間や、奥歯の更に一番奥などといった箇所に、歯垢(プラークともいいます)がどんどん蓄積していってしまうのです。
蓄積したプラークは、固着していき、次第に歯ブラシでは落とせなくなっていってしまいます。
これらが口臭や歯周病の原因となっているのです。
そこで活躍するのがデンタルフロスです。
またの名を「糸ようじ」とも呼ばれています。
次の項からは、その具体的な使い方について解説していきます。

デンタルフロスの使用方法を解説

まず、デンタルフロスを30~40センチほどで切り離し、そして両手の中指の第一関節の辺りに、10~15センチメートルほどになるまで巻きつけていきます。
この時、あまりきつく巻きつけてしまうと、うっ血したり怪我をしたりする恐れがあるので、緩めに巻きつけましょう。
準備ができたら、両手の親指と人差し指で、指の間隔が1センチメートルほどになるように保ちつつ、フロスがたわまずにピンと張った状態を保ちます。
フロスは歯の上からノコギリを動かすようにゆっくりと少しずつ入れていき、歯と歯が接触している部分を通るまでゆっくりと入れます。
そして歯の側面にある歯肉溝(歯肉の少し上、歯を取り囲むように若干存在するポケット)の中にほんの少し、歯茎を傷つけないようにゆっくり入れます。
そして歯の側面にフロスを当てて、上下に動かし、フロスを歯の間から取り出します。
使用したフロスの汚れを取ってから、次の歯間に取り掛かりましょう。


この記事をシェアする